けんきだいすき「ケンケンキッキ」
ケンキミュージアム 本館 ケンキミュージアム エントランス ケンキミュージアム 日本のブルドーザーの歩み
-

2010年 読む

 建設機械のICT化が進み、無人ダンプトラック運行システム、情報化施工、KOMTRAXなどが更なる発展を遂げる。また、燃料消費量と二酸化炭素排出量の低減を実現するハイブリッド機も登場するなど、建機の新世代化が進んでいる。

コマツ 超大型ホイールローダー WA1200-6
(2010年)

コマツ 超大型ホイールローダー WA1200-6

 機械駆動式ホイールローダーでは世界最大となるWA1200をフルモデルチェンジ。

 EPA(米国環境保護局)の排出ガス規制に対応した先進のコマツエンジンを搭載し、環境性を高めるとともに、エンジンのパワーモード自動切換えシステム採用、万一の場合でもオペレーターの安全を確保するROPS・FOPSキャブ標準装備など、超大型ホイールローダーに求められる、生産性と経済性を両立し、安全性、耐久性、整備性を向上させた。

 バケット容量20.0m 3。

ホイールローダー 読む

 日本においてホイールローダーが初めて製造されたのは1949年にさかのぼるが、コマツがインターナショバルハーベスタ社と提携しホイールローダー市場に参入したのは1960年代なかばである。提携初期時代のJHシリーズ、続く500シリーズ、そしてコマツグループのオリジナルであるWAシリーズと時代を経て、機械の大型化、環境への配慮、そしてメカトロやITといった高度技術の応用など、それぞれの現場ニーズに応えてきた。

ご利用にあたって
個人情報保護への取り組み
お問い合わせ
サイトマップ

Copyright © Komatsu Ltd.All rights reserved.

ケンケンの乗用ショベル
ケンケンの乗用ショベル
クリネッカーの乗用ショベル
ピクチュアパズル-46ピース-がんばれ-こうじしゃりょう
出動!ケンケンキッキの大冒険