けんきだいすき「ケンケンキッキ」
ケンキミュージアム 本館 ケンキミュージアム エントランス ケンキミュージアム 日本のブルドーザーの歩み
-

1970年 読む

 この時代を境に、国内需要の中心は、ブルドーザーから油圧ショベルへと徐々にシフトしていく。技術的には、操作性などの付加価値も重視されるようになる。

コマツ-ビサイラス 油圧ショベル10HT
(1973年)

コマツ-ビサイラス 油圧ショベル10HT

 ビサイラスベースでなく、すべてコマツ独自の設計で開発した初めての油圧ショベル。当時としては最小クラスとなる。足回りは、当時定評のあったブルドーザーをもとにして開発が行われた。

 重量6200kg、バケット容量0.25m3。

コマツ-ビサイラス 油圧ショベル10HT

 新機構「パラレル油圧回路」が採用された。これは、複数のポンプが作業に応じて各部へ効率的にオイルを配分するユニークな油圧システムである。このため、アーム作業+旋回などの同時操作時にも、速度が落ちることなく作業が行えるようになった。

 写真は同時に開発された10HQ。湿地用の足回りが採用され、湿地・軟弱地に強い。

油圧ショベル 読む

 1951年にこの世に誕生した油圧ショベルは、わずか半世紀の間で、建設現場における絶対的な地位を築いた。ミニから超大型と、規模に応じたサイズのラインアップ、また後方小旋回や超小旋回など、現場の特性に合わせたスタイルなど、その間も確実に進化を遂げてきた。人間の手に似た動きをするこの機械は、21世紀も、限りなく進化を続けていくことになるだろう。

ご利用にあたって
個人情報保護への取り組み
お問い合わせ
サイトマップ

Copyright © Komatsu Ltd.All rights reserved.

ケンケンの乗用ショベル
ケンケンの乗用ショベル
クリネッカーの乗用ショベル
ピクチュアパズル-46ピース-がんばれ-こうじしゃりょう
出動!ケンケンキッキの大冒険