アプフェル

かつて、せかいじゅうを たびしてまわったぼうけんずきの おじいさん。いまは、スコップ村で、りんごばたけに かこまれて、くらしている。

 

アプフェルの おうちには、むかし たびであつめた めずらしい たからものや、へんてこな どうぐが、やまもり。スコップ村の こどもたちは、たびをしていたころの おはなしを きくのが、大すきである。

 

村のそとでは、アプフェル”さま”とよばれるくらい じつは、ゆうめいな、えらい人?”けんせつきかいはかせ”でもある。